Profile

Join date: Jun 6, 2022

About

サッカー日本代表vsブラジル代表SP! 激闘の歴史を大特集!「マイアミの奇跡は作戦通りだった!?」

ブラジル代表戦は地上波テレビ放送あり。無料ネット視聴方法は?サッカー日本代表 キリンチャレンジカップ2022



🔴ライブ 放送📺📱👉 日本 対 ブラジル ライブ 放送


🔴ライブ 放送📺📱👉 ス日本VSブラジル ライブ



キャプテンの吉田もその意味について語った。ブラジルに対しては「シンプルにプレーすること」「ミスをなくすこと」がまず大前提だと指摘。2日に行なわれた韓国対ブラジルの映像を見て、「韓国もミスから失点したり、崩されていた」との印象を持っていた。「アグレッシブな攻めの姿勢」と「堅く守る姿勢」のバランスが「大事」であり、その判断を誤れば、たちまちブラジルのペースになってしまう。


 また、強豪国に対して日本が「ボールを持つことができるか」についても、吉田はトライしてみたいと語る。とくにポイントになるのは、守備から攻撃に転じた際に、相手のプレッシャーをはがせるかどうか。今回の合宿でもタッチ制限を設けたミニゲームを行なって、プレスを回避するトレーニングを繰り返していたが、「2タッチ、3タッチして相手をかわすことは現実的に厳しい。相手のプレスをかい潜って、1タッチ、2タッチでスペースに持っていって、自分たちの形で勝負しなければいけない」と、切り替えの瞬間のプレーの質を高めることが重要だとした。その上で「どうやってボールを持つ時間を長くするかも大事になるし、これまで前半で決着がついてしまうことが多かったので、どれだけ0-0の時間を長くできるか」と、拮抗した状態をいかに続けられるかもポイントになるとの考えを明かした。


6月5日(日)、日本代表対ブラジル代表戦の前日練習および記者会見が国立競技場にて行われた。


試合に関しては、(ブラジル代表は)間違いなく強いと認識していると述べ、「ブラジルチームは見れば見るほどいろんなことができるチーム。全員でハードワークするところなど我々が学ぶところも多い」、「対戦成績として今まで勝利はないが、ホームで我々の持っている力をすべて発揮し、勇気を持ってトライし、勝利を目指して戦いたいと思う」と語った。


質疑応答の中では、選手のコンディション、パフォーマンスを見極めながら大幅に選手を入れ替える可能性について示唆。


「W杯で結果を出すために、限界を超えるトライ」、「いい守備からいい攻撃へ」、「入りは、アグレッシブに勇気を持って積極的に」、「相手にボールを持たれた時には相手の嫌がることを」などと、チームとしてのチャレンジの重要性にも触れ、「ハイプレッシャーの中、どれだけ早い判断を持って全員が連動できるか」がポイントだとも語った。


まずは、16:15からブラジル代表の公式練習が始まった。報道陣に公開されたのは、開始から15分間のみだったが、その間選手たちは笑顔も交えリラックスモードだった。チチ監督もジャージ姿で選手たちに指示を送っていた。


ブラジル代表はビブスなし、ビブスあり(黄色ビブス)、そして通常フリーマンが着用するような赤ビブスの3つに分かれて練習を行った。


ネイマールはビブスなし。ほかには、カゼミーロ、ガブリエウ・ジェズース、ブルーノ・ギマラインスなど。


ビブスあり(黄色ビブス)は、リシャーリソン、マルキーニョス、ファビーニョ、ヴィニシウス・ジュニオール、アレックス・サンドロなど。


2日のパラグアイ戦でとはまったく異なるメンバーで、長友が右サイドバックに入る可能性が高い。日本代表では左サイドバックが本職だっただけに、酒井宏樹が離脱している今、新たなオプションとなりそうだ。また、大迫勇也が不在の中で、CFWには古橋が入ることになると思われる。


 公式練習ではランニングを終えると、ストレッチを経て鳥かごを実施。ここで練習は非公開となった。長友も古橋もいつも通りの雰囲気で、重要な一戦での起用にも、動じる素振りはなかった。別メニュー調整が続いている冨安健洋は、前日の段階でもチームの練習に合流できなかった。吉田の相方には板倉の起用が濃厚だ。

【ライブ 放送】 日本 対 ブラジル ライブ 放送 &TV放送 2022年6月6日

More actions